本文へスキップ

家具付き賃貸の部屋探し専門家では大阪に単身赴任「法人契約・社宅探し」をされる方の家具付き賃貸探しの準備を全力応援を致します。

TEL. 06-6377-7737

家具付き賃貸の部屋探し専門家(単身・転勤)

単身赴任が決まったら何から考えればいいのか?PROBLEM-3

単身赴任の為の住まいは自宅とどう違う?



単身赴任の経験のある方も改めてお部屋探しの前に是非、お読み下さい。

単身赴任本舗より快適な単身赴任生活をお送りいただけるよう、これまでの経験と実績よりプロのアドバイスをご紹介いたします。

●単身赴任本舗2016年4月で20周年を迎えます。今後とも宜しくお願いします。


ポイント3:単身赴任の為の住まいと割り切る事が大切!

単身赴任のお部屋はご自宅との二重生活となります。

昼間は仕事で職場にいますのでお部屋にいる時間は本当に少なくなりますのでご自宅の部屋選びとは違い単身赴任の住まいと割り切るとことがポイントです。

それに賃貸マンションの家賃は会社の規定予算もあります。

独身の方が部屋を選ぶ時は、家賃が少し高くなっても建物の見た目をお洒落に。などと、自分のことだけを考えればいいのですが、単身赴任の部屋選びではそんなことを言ってられないものです。


二重生活となるのでできるだけ自己負担を少なくするには、割り切って贅沢は避けましょう。



例えば

・建物の見た目に惑わされないように。(見た目に惑わされずに管理状態が良く清潔感があるかどうか)

・乗り換え無しの通勤が便利ですが一度の乗り換えがあっても駅から近くの方が楽ですし少しでも家賃の安いところが見つかるかもしれません。(選択肢を増やす)

・最寄りの駅からの距離が離れている事で家賃が安い。(駅から多少離れていても家賃が安くなるなら、健康の為に少し歩こうと割り切る)

・部屋の広さは無駄なく部屋にいるのは仕事から帰ってきて朝までしかいないと割り切る。(家族が来た時に寝るスペースが空いていれば充分でしょう)

・多少日当たりやまわりの音などで家賃の違いがある場合、個人差はあるが気にならない程度ならお得です。(昼間は仕事で部屋にはいないので気にならない程度の日当たりならお得でしょう)

・法人契約に慣れている専門不動産会社なら単身赴任の気になることも良く理解しているので不動産会社に相談してみるのもいいでしょう。(色んな質問をしてみて曖昧な答え方なら他の不動産会社に当たってみましょう)










バナースペース











家具付き賃貸の部屋探し専門
(大阪に単身赴任の引越しに)
TEL 06-6377-7737