本文へスキップ

家具付き賃貸の部屋探し専門家では大阪に単身赴任「法人契約・社宅探し」をされる方の家具付き賃貸探しの準備を全力応援を致します。

TEL. 06-6377-7737

家具付き賃貸の部屋探し専門家(単身・転勤)

単身赴任が決まったら何から考えればいいのか?PROBLEM-4

部屋選びで事前に確認しないといけないことは?



単身赴任の経験のある方も改めてお部屋探しの前に是非、お読み下さい。

単身赴任本舗より快適な単身赴任生活をお送りいただけるよう、これまでの経験と実績よりプロのアドバイスをご紹介いたします。

●単身赴任本舗2016年4月で20周年を迎えます。今後とも宜しくお願いします。


ポイント4:会社の規定を事前に確認

  • 部屋選びをする時は、事前に会社の規定を確認しておきましょう。




例えば、

・家賃はいくらまでなのか。(地域によって月額賃料の上限が異なる場合が殆どです。)

・会社の負担と自分の負担区分を確認(家賃、共益費、光熱費、仲介手数料、火災保険など)

・地域によって契約時の内容が異なりますので確認。(関西では敷金、礼金ではなく保証金、解約引などと他の地域と異なる場合もございます。)

・会社からの距離が中途半端な近さだと交通費が出ない場合もあります。(会社から2キロ以内なら交通費が出ないなど)

その他にも色んな決まりがあると思いますのでしっかり確認をして、分からないことは会社の社宅契約担当者に質問をし理解をしておきしましょう。単身赴任をされた経験のある同僚や先輩などに相談してみるのもいいでしょう。



確認をしないで部屋選びをすると後で余計な出費に気付くということもあるかもしれませんのでここで手を抜かずにできるだけ自己負担を少なくする為にも忘れないようにしましょう。

この家族で話す楽しい会話の中には色んな部屋選びのポイントが隠されているのです。

関西などは独特の商習慣があり契約内容が異なる場合があります。もしこれまでに関西圏で社宅契約をされた経験の少ない企業様なら少し理解ができない場合もあるでしょう。

その場合は法人契約専門の不動産会社に問い合わせてご相談してみるのも良いでしょう。

不動産会社に相談される場合は一般の不動産会社ではなく法人契約を専門にしている不動産会社(特に単身赴任の部屋探しを中心にしている不動産会社)に相談しなければいけません。

地域密着型の不動産会社ではその地域のことしか分からないからです。









バナースペース











家具付き賃貸の部屋探し専門
(大阪に単身赴任の引越しに)
TEL 06-6377-7737